Browsing Category: Uncategorized

武甕槌

Takemikazuchiタケミカヅチの剣 

The one of the Japanese history I like is the history of Takemikazuchi.  In the Japanese Mythology, he is the creator and was called as god of thunder and sward god. He was riding one the giant catfish. 「古事記」にも登場するタケミカヅチは、日本を創造した神である夫婦の奥様イザナミから生まれた火の神であるカグツチの首を落とした際に飛び散った血液から生まれた神様であります。その神霊が宿るとされる「布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)」は、現在、茨城県の鹿島神宮に伝わる剣であるようなのです。 鹿島神宮に伝わる「平国剣(くにむけのつるぎ)」が、「布都御魂剣」であると考えられているようです。 この剣は、大変大きい刀剣で、全体的な大きさは2メートル70センチほどもあるようです。5つのパーツに分けて刀工たちが作成したと考えられております。大変大きい刀身ですので、おそらく一度に、刀工たちが打つことができなかったのでしょう。鹿島神宮は、タケミカヅチを祀る古い神社としても有名であります。現在は、レプリカなどの展示が行われているようです。タケミカヅチが出雲の国を攻めた時に使ったのではないかなどともされているようですが、このように大きな剣はどんな役割をもって、使用されていたのでしょうか。